2008年11月27日

寒さ本番でコンビニの“コラーゲンめし”が人気

いよいよ寒さが本番を迎え、コンビニで買える“コラーゲンめし”が人気を呼んでいる。これまでもコンビニでは手軽に買えるサプリメントが人気だったが、その流れが“コンビニめし”にも波及。特に目立つのが、乾燥する冬場に合わせて登場した、肌にいいと言われる「コラーゲン」を含む鍋や麺だ。

他の写真も見る: 鶏と野菜のコラーゲン鍋(塩味)(ファミリーマート/298円)

「サプリメントと違って、食事がてら手軽でおいしく栄養成分を摂れる、というのがポイントです。その第1弾として乾燥する冬にぴったりの“コラーゲン”を用意しました。今後はDHAなどをテーマに展開していく予定です」。そう語るのは「気づかいをプラス」シリーズを展開するファミリーマート広報・IR部。発売中の「鶏と野菜のコラーゲン鍋(塩味)」は2000mlが入り、価格も298円と手ごろ。鶏肉やつくねなどの具を、鶏肉から抽出したコラーゲンブイヨンでうまくまとめている。ほかにもサークルK、サンクスからも、トロトロに煮込んだ男爵イモと牛スジを挟んだお好み焼きが発売されるなど、コラーゲンたっぷりの牛スジ商品も目に付く。おいしく冬場に最適な栄養成分が摂れるとあって、女性を中心にこられらの“コラーゲンめし”が人気を呼んでいるのだ。

この“コラーゲンめし”を皮切りに、今後も健康に気遣う“コンビニめし”が増えそうだ。【東京ウォーカー】

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081127-00000001-tkwalk-ent
posted by 飲むコラーゲンの効果は本当にあるの? at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。